パンプマッスルビルダーTシャツのサイズはどうなってるの?

パンプマッスルビルダーTシャツのサイズは?

パンプマッスルビルダーTシャツを試してみたいと思っている方はどのサイズを選べばいいのか分かりませんよね。パンプマッスルビルダーTシャツにはどのようなサイズがあるのでしょうか?また、パンプマッスルビルダーTシャツのサイズを選ぶときには、どのような点に注意するのかも調べてみました。

 

パンプマッスルビルダーTシャツのサイズは?

パンプマッスルビルダーTシャツのサイズには、2種類あります。MサイズとLサイズの2種類で、それぞれ、身長と胸囲で変わってきます。

 

まず、Mサイズは、身長が165センチから175センチで、胸囲が88センチから96センチです。Lサイズは、身長が175センチから185センチで、胸囲が96センチから104センチとなっています。

 

カラーは、ブラックの1色しかありません。パンプマッスルビルダーTシャツは、Tシャツと同じような感覚で着用しましょう。着用時間が長いと、より効果が高くなりますので、できるだけ長く着用されることをおすすめします。

 

パンプマッスルビルダーTシャツは、あまりにも小さくて本当に入るのかわからないような加圧シャツではなく、標準的なサイズの加圧シャツになります。他の加圧シャツは広げてみると、不安になるくらい小さいのですが、パンプマッスルビルダーTシャツは、普通の加圧シャツと同じような大きさなので、安心ですよね。

 

自分の体のサイズに合ったサイズを選びましょう。胸囲のサイズを基準にして、MサイズにするかLサイズにするか選んでいただくことをおすすめします。

 

きちんとしたサイズのパンプマッスルビルダーTシャツを購入して、長く継続して着用することができるようにしましょう。

パンプマッスルビルダーTシャツの着用時の注意点

パンプマッスルビルダーTシャツを着る際の注意点は、万が一、苦しかったり辛いと感じるような場合には、着用をやめましょう。

 

パンプマッスルビルダーTシャツは、サイズが2種類しかありませんので、きちんとフィットするような方にはいいのですが、サイズが合わなかったりする人だと息苦しさを感じたり、加圧が足りないということもあります。

 

きちんと自分に合ったサイズを購入するようにしましょう。MサイズとLサイズは、胸囲と身長によって違いますので自分のサイズを確認してから購入するようにしてください。

 

また、着用しながら運動をするのは、特に問題はありません。しかし、激しく呼吸があがったり苦しく感じるような場合には、着用するのを控えて下さい。

 

パンプマッスルビルダーTシャツは、体にフィットするサイズ感のために、透けにくいです。材質は、ナイロン90%、ポリウレタン10%でできています。スパンデックスの配合量は10%なので、伸縮性もいいです。

 

パンプマッスルビルダーTシャツを伸ばしてみると、しっかりと伸びるのがわかります。この伸縮性によって、上半身が引き締まるのです。

 

サイズが合っていない場合には、苦しくなったりしますので、きちんとご自身のサイズにフィットするサイズのパンプマッスルビルダーTシャツを購入するようにしましょう。

 

>>パンプマッスルビルダーTシャツの最安値はこちら